Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hiroyokko/39tennis.com/public_html/wp-content/themes/pospa/functions.php on line 0
口ぐせが自分を作る | 人生で大切なことはテニスから学んだ

口ぐせが自分を作る

01.262015

この記事は1分で読めます

10686787_832363283478333_117911956526737490_n

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ゆっきーです。

 

ボクたちは【考える】、という作業をするときには、

頭の中で自分の知っている言葉を使っています。

 

たとえば、

【人はなぜ、いいね!を求めるのかを考えてみてください】

っていう質問をあなたに投げかけたとします。

 

すると、あなたは、

 

「人はなぜ、いいね!を求めるのか??なんでだ??」

 

って、考え始めてくれるはずです。

 

まぁ、くれるはず、って書いたのは、
「そんなん考えても意味ねぇよ」
って、思う人もいるかもしれないんで(苦笑)

ちょっと質問を変えますね。

【人はなぜ、いいね!を求めるのかを考えてみてください】

ここまでは同じです。
その質問の最後に、こんな言葉がついたらどうでしょうか??

 

「人はなぜ、いいね!を求めるのかを考えてみてください。【スワヒリ語】で」

 

スワヒリ語??っていうところで、思考が止まったと思います。

 

考える、という作業をするときには、

ほとんどの人が日本語=母国語を使って頭の中で考えて、

スワヒリ語などの外国語で考える人は少数だと思います。

逆に言うと、そうしたスワヒリ語などの

知らない言葉を使って考えることなんてできないわけです。

そんなの当たり前でしょ??って思うかもしれませんが、

知らない言葉を使って考えることができない、

ということは、頭の中に入っているボキャブラリーが少なければ、

それだけ考えることができない、とも言えるわけです。

だからボキャブラリーを増やすことはもちろん、

普段自分がどんな言葉を使って考えているのか、

そこに意識を向けることで、考え方はどんどん変えていくことができるし、

考え方が変われば、行動も変わって、

結果として、人生も変わっていくことになるのです。

 

関連記事

  1. 10392375_828042480577080_4951099877755255406_n
  2. cap025 (1)
  3. 11026276_851397831574878_1985311263263675096_n
  4. 10923557_829755343739127_5160081732204678607_n

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。