Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hiroyokko/39tennis.com/public_html/wp-content/themes/pospa/functions.php on line 0
秋元康に学ぶ根拠のない自信の作り方 | 人生で大切なことはテニスから学んだ

秋元康に学ぶ根拠のない自信の作り方

02.012015

この記事は1分で読めます

905908_835663773148284_406542555750615457_o

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ゆっきーです。

 

秋元康さんの企画脳という本の中にあった一節です。

 

秋元康さんといえば、AKB48のプロデューサーであり

古くはおニャン子クラブ、とんねるず、

そして、作詞家としても、美空ひばりさんの【川の流れのように】など、

たくさんのヒット作を世に送り出しています。

 

そんな彼が企画について一冊をまとめた際に、

一番最初に書いたのが、このジャンケンのお話です。

 

彼は言います。「ジャンケンには必勝法は存在しない」と

 

確かにそうですよね。

 

仕組まれたモノではない限り、

勝つ可能性は参加している全員平等なわけです。

 

にもかかわらず、自分はジャンケンには弱いんだって思っている人が多い。

その時点で、勝負に入る前に既に負けているのです。

 

で、実際にジャンケンに負けると、やっぱり自分には運がないんだ、

負けて当然なんだ、できなくて当然なんだ、って、

どんどんマイナス思考が強化されていってしまう。

 

ジャンケンには必勝法が存在しないとしたら、あとは気迫と運と勢いだけです。

自分はジャンケンには強いんだ、

という根拠のない自信が気迫と運と勢いを、自分に引き寄せます。

 

「負けるとか、失敗するということが不思議に思えなければならない」

ここまでの根拠のない自信がなければ、

数多く出てくる他者の企画に勝てる企画、

売れる企画は作れないと言い切っています。

 

テニスにおいても緊迫した場面で、

ポイントを積み重ねていくのは、

自信を持っている選手です。

 

自分は絶対に勝てるんだ!!

 

という強い自信がポイントを、勝利を引き寄せます。


根拠のない自信を持つ第一歩として、

自分はジャンケンに強いんだ、と思い込むところから始めてみませんか??

関連記事

  1. 10835235_828898100491518_6910985368224248785_o
  2. 10347619_845429682171693_4033498000618031989_n
  3. 19215_480266825354649_133731855_n

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。