Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hiroyokko/39tennis.com/public_html/wp-content/themes/pospa/functions.php on line 0
何を行うにしても命がけ | 人生で大切なことはテニスから学んだ

何を行うにしても命がけ

02.052015

この記事は1分で読めます

10959443_837407026307292_4374306202496698024_n

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ゆっきーです。

 

生きとし生けるものすべては、生まれた瞬間に、

この世からいなくなることを義務付けられています。

それがいつになるのかは分かりませんが、

100%変えることのできない宿命です。

普段は意識することはほとんどないですが、

こうして読んで下さっている間にも、確実にそこへ向かっているのです

後ろ向きになっていようが、横向きになっていようが、

を向いていようが、宿命というベルトコンベアーは確実に前に進んでいます。

時間とは命であり、命とは時間のこと。

料理を作って下さる人がいるなら、

その料理はその人が命をかけて作ったものです。

だから、いただきます、というのは、食材の命だけでなく

作って下さった方の命もいただきます、という意味が込められてます。

どんなときも命がかかっているんだから、

楽しく、そして人に優しくしていきたいと、改めて思うのです。

 

テニスをやるにも時間が必要になります。

 

つまり、あなたはテニスに命をかけてやっているということです。

試合では、対戦相手が必要です。

 

対戦相手もその人の命をかけて試合をしているわけです。

 

つまり、コート上で繰り広げられるプレーのひとつひとつは、

命と命のぶつかり合いになるわけです。


こうやってあなたの時間をかけて、この投稿を読んで下さっているということは、

あなたは限られた命をかけて下さっているということです。

感謝の気持ちしかありません。いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 11001638_850339585014036_2427625808871410902_o
  2. 10955752_832877670093561_4661997185878391764_n
  3. 778693_601214993259831_1072599327_o

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。