Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hiroyokko/39tennis.com/public_html/wp-content/themes/pospa/functions.php on line 0
一発逆転の名案 | 人生で大切なことはテニスから学んだ

一発逆転の名案

02.062015

この記事は2分で読めます

jmsq22-1
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ゆっきーです。
一発逆転の名案や効率的な方法、
効果的な方法はないですかねぇ??
という方がいたので、
こんな話をさせていただきました。

やる前から成功するかどうかは分からない

一発逆転〜♪♪
そんなアイデアとか方法が
あったらいいと思いますよね。
ガッカリさせるかもしれませんが、
残念ながらボクはないと思っています。
ネットを見ていると、
そんなアイデアがあるように思えますけど、
それはその人だからとか、
時代の流れにうまく乗ったからで、
誰にでも適用できるものじゃないです。
何かを始めたら、
ほぼ間違いなく最初はうまくいかないですよ。
とにかく試行錯誤の繰り返しです。
振り返ってみて、あれは名案だったとか
成功だって分かるだけであって、
やる前から成功するかどうかは分からない。

高い目標を実現させる唯一の方法

たとえば、、
何か目標を立てたとしますよね。
その目標はいまの自分には随分不釣り合いで、
見上げたらずいぶん高い山の上にある気がするんです。
で、多くの人はそこにたどり着く最短距離とか、
楽して簡単に登る道があるんだと思って
グルグルグルグル回り始めるんです。
でも、そんな道はないから、
楽しようとしている人は、
いつまで経っても同じ所にいるんです。
自分ができることは手がかり足がかりだけです。
どんなに山が急であっても、
いま手が届くところに手をかけてグッ!と上がればいい。
そうしたら、足が掛かるところが見つかります。
そこに足を掛けて、グッ!と上がると、
また上に手が届くところが見つかって、
そこに手をかけてグッ!と上がっていく。
ひたすらこれの繰り返しです。

3ヶ月、半年、1年と続けると…

これを3ヶ月、半年、1年と続けていくと、
ずいぶん上まで上がってきたことが分かります。
なぜなら上に上がるにつれて、
成果が出てきますからね。
3ヶ月半年1年続けていくと
随分上まで上がってきたことが分かります。
そこまでやると、最初見上げたら、
ずいぶん高いなぁと思っていた頂上も、
登り始めたらそんなに高くないと気づけるんです。
始めたときは随分急だと思っていたけど、
登っていくうちに筋肉とかもついて、
意外と登れるんじゃないかって思えるんです。
ただこれだけ。

ふと下を見ると…

ふと下を見ると、
始めたときに同じことで悩んでいた人が
近道ないのかとグルグル回っているのに気づくんです。
その時、こう思いますよ。
なんであいつら登らないんだろう??って(笑)
いまできることをやるだけなんです。
やっていくうちに筋力のように、
実力がついてきて、
できることが増えていきますから。
…まぁ、楽したいと思っていたその人は、
引きつった笑いを浮かべていましたけどね(苦笑)
アドバイスを下さい、
アイデア下さいっていう相談、多いんですが、
この方々の意図をもう少し深堀りすると、こうです。
「いまの価値観や考え方を変えないで、
 簡単に成果の出る方法を教えてください」
もし、あなたがアドバイスを求められる
立場になったとして、こんな風に相談されたら
どう思います??
そりゃ、成果出ないよって思いますよね。
アイデアいくつか出して、
こうやってこうやってって、
具体的なところもお話しますけど、
100%この言葉が出てきます。

でも、、いまの自分では、、

「でも、、」
「いまの自分では、、」
行動しないアイデアはただのゴミなので、
雲散霧消で消えていっちゃうのです。。
じゃあ、成果を出す人がどんな相談をしているのか、
それが気になりましたら、
コメント欄でお問い合わせ下さいね。

まとめ

長くなったので、まとめますね。
楽して登れる道はないってことです。
仮に楽して登れたんであれば、
その途中に成長は全くありません。
あえて厳しい道を選んでいくことで、
自分にしかない道を切り開き、
その道中に起こることを、
自分にしかないネタとして
ストックしていくことができ、
あなたという人間の幅を広げることになります 。

関連記事

  1. 10360844_847611451953516_5767889935603931791_n
  2. 10931425_827584477289547_2892624347763494609_n
  3. 10835235_828898100491518_6910985368224248785_o

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。